見た目だけではわからない
いつ修繕すればいいの?
どんな修繕すればいいの?

一般に、マンション維持管理に係る修繕費は、50年で建設金額の約2倍かかるといわれています。建物を構成する部品や材料には寿命があり、これは経年と共に劣化し、機能や性能が低下して行きます。
その中には...

その建物の立地条件等により機能や性能は一様ではなく、適切な時期に、適切な仕様で、修繕を行うことが必要です。

■建物の修繕計画の必要性

適切な修繕の時機を逸し、機能が低下したまま放置しておくと、部位によっては、部品取替といった大きな支障をきたすことになりかねません。良好な状態を保つためには、建物のどの部分を、いつ、いくらで修繕を行ったらよいか、という計画を立てることが必要になります。これが修繕計画です。

資料